このページのトップへ
お問い合わせ先一覧
  • 中
  • 大
会員ログイン
トップページ > 宗像医師会について

宗像医師会について

会長挨拶



新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

会員の皆様におかれましてはよき新年をお迎えのことと存じます。

さて昨年もいろいろなことが国内外で起こりました。北朝鮮問題やトランプ大統領によるイスラエルの首都についての発言等で、東アジア、中近東はまさに一触即発の緊張状態が続いています。戦争 にならないことを祈るばかりです。

国内においては、森友・加計学園問題で政治不信が高まり、衆議院解散、民進党と希望の党の混乱などが派生しましたが、結果としては安定した政権を国民は選択しました。

昨年10月29日には「第37回全国豊かな海づくり大会」が福岡主催となり、宗像ユリックスで開催されました。天皇皇后両陛下には過密なスケジュールの中でご臨席を賜り、感激いたしました。天皇陛下のご退位が来年4月30日と決まりましたが両陛下の日頃のご公務への真摯なお姿を拝見しますと自然と頭が下がる想いがします。

また、昨年10月13日、世界医師会のシカゴ総会において、日本医師会会長の横倉義武先生が第68代世界医師会会長に就任されました。会長就任式典には日本から約90名が参加され、私も出席させていただきました。横倉先生が世界医師会会長という名誉ある職に選ばれた理由は先生の人格識見はもとより、日本のいつでも、どこでも、誰でも、医療機関に掛られるという「国民皆保険制度」が世界中の医師会の称賛を浴びたことも事実でしょう。

さて、今年は診療報酬・介護報酬の同時改定の年です。診療報酬はマイナス改定の動きが強まり、全体で約1.19%のマイナス改定と聞いております。私共にとって厳しい年となります。医師会病院を始め共同利用施設の運営のかじ取りを間違いのないように気を引き締めているところです。共同利用施設は職員皆さんよく頑張っていますが、その中で、医師会病院の昨年の収益の落ち込みが気がかりです。今年4月からは大塚毅院長の後を伊東裕幸先生が引き継がれます。新体制の下で発展していくことを期待しています。大塚毅先生には宗像医師会病院院長として13年間頑張っていただき本当に感謝いたしております。昨年は医師会病院各科の医師の交代もありましたが、皆さん優秀な先生方ですので会員の先生方には更なる患者紹介よろしくお願い致します。

本年も地域に根差した「共同利用施設」を地域住民に提供することで、住民の保健・医療・福祉に貢献するとともに、医師会員の親睦と資質の向上を目指し、杏花会、女性医師の会の活動や内科医会、小児科医会、宗像臨床アーベント、学術講演会等を企画し開催していく所存です。よろしくお願いいたします。

ここに、本年が会員およびご家族、職員の皆様方にとりまして素晴らしい年でありますよう衷心より祈念申し上げ新春のご挨拶といたします。


平成三十年元旦
一般社団法人 宗像医師会
会長 上田 寛



所在地 〒811-3431 福岡県宗像市田熊5丁目5-5
一般社団法人 宗像医師会
会員数 平成29年4月1日現在 216名(A会員100名・B会員116名)

交通アクセス



Googleマップで見る


  • JR東郷駅より徒歩15分タクシーで3分
  • 西鉄バス東郷駅東口バス停下車徒歩7分

役員紹介及び財務等に関する資料